忍者ブログ

スクラップビルド

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ウルトラマンオーブ


 ウルトラマンXあたりからウルトラマン熱が再燃してオーブも見てるんですが、いや面白いですね。
 ともすればこれまでのウルトラマンの中で一番好きかもしれないというくらい好きです。

 オーブのコンセプトは「二人のウルトラマンの力を借りて戦う」というものですが、この他にもこれまでのウルトラマンシリーズ(ウルトラシリーズ、ではない)と比べて作劇に大きな特徴があります。
 ひとつは『魔王獣』や『玉響比売』など、従来シリーズがSFっぽさ重視だったのに対してオカルト的な要素をメインに据えていること。実際には過去作宇宙人なども客演で出てはくるんですが、あくまで話の脇を固めるために出してる感じですね。
 もうひとつは「防衛隊が話の中心ではない」こと。今回のウルトラマンオーブ(=クレナイ・ガイ)は『風来坊』という、今の時代にちょっと時代錯誤では? と思ってしまうようなコンセプトに基づいていますが、これが良い具合に「市井の中にまぎれている」感があって、常に一般人目線のストーリーで展開するという、実はありそうでなかったウルトラマンのドラマを構築することに成功しています。
 防衛隊要素はウルトラマンの商業展開においてはソフビに次ぐ主力玩具コンテンツということもあって、シリーズでほぼ欠かさず出てきましたが、それを思い切って端役のモブレベルまで廃したのはすごい決断だな、と思います。

 話としては9話と先日話題になった11、12話が好きです。
 特に9話「ニセモノのブルース」はウルトラマンのニセモノとして現れたババルウ星人(シリーズだとかなりキツイ悪役として登場することが多い宇宙人)が成り行きで子供を守ってしまい、子供たちとウルトラマンとして交流するうちに…というお話なんですが、この回のババルウ星人が未熟だけど足掻くヒーローとしてとても格好良く、またオーブ自身も時代錯誤感のあった『風来坊』というコンセプトを上手く使って演出されていて非常に格好良かったです。およそ私の中の理想のヒーロー像にこれ以上無いというくらいぴったりはまって、鼻血が出るほど泣いてしまいました…(あまつさえ2回観て2回とも鼻血を出す始末)。
 11、12話はディザスタームービー(災害映画)としての怪獣とウルトラマンを突き詰めたような話で、先日話題にしたシン・ゴジラのように圧倒的な災害として描かれる怪獣マガオロチと、大切なものを守れなかったトラウマを刺激されて闇堕ちするウルトラマンという、欲張りにもほどがある構成です。映像面だけで劇場版かと思うほどのクォリティがありますし、他の特撮で言うと仮面ライダークウガのジャラジ回(陰湿な手法で被害者を嬲る怪人にクウガが怒りに我を忘れ、一方的な暴力に飲み込まれそうになるという話)が響いた人にはぜひ見てほしいですね。これまでの積み重ねありきなので出来れば1話から!(ムチャぶり)

 今回描いたのは「闇堕ちしたウルトラマンオーブ」もといサンダーブレスター。何気に口元のデザインが凝っていて、角度次第で牙を剥いて笑っているようにも、怒りに歯を食いしばっているようにも見えるという非常に繊細な造型になっています。
 これまで悪役宇宙人が変身したニセウルトラマンは数多く、思想の違いから主役ウルトラマンと敵対するライバルウルトラマンも平成に入ってから多く排出され、ウルトラマン自身が元は闇の存在だったということになったり(ティガ)、史上初の完全に悪役のウルトラマン(ベリアル)など「悪いウルトラマン」は沢山居ましたが、「主役格が劇中で闇堕ちしたウルトラマン」はオーブが初めてかもしれないですね。
 12話の最後だとライバルウルトラマンながら先に闇堕ちしたらしいジャグラーが更に堕ちてラスボスになってもおかしくないような気配がありましたが、どうなるんでしょうね。大筋ではオーブ自身は「風来坊モノ」としての王道を貫くんでしょうが、それぞれの要素やキャラクターをどうまとめ上げるのか。ここまで一見矛盾したように見える個々の話も、全体としては一貫したテーマに沿って話が構成されているようなので、しっかりした話にしてくれることを期待しています。


おまけ。

拍手[0回]


あの時のあの子

二年前のこの子を使って色々チャレンジしてました。


私には極めて珍しい水着イラスト。
どのくらい珍しいかと言うと自主的に描いたの初めてじゃね? というくらいには珍しい。


水着のおまけ。


実は最初足を逆に描いてた。
今はこっちの色のほうがお気に入り。


元の色。

拍手[0回]


あけましておめでとうございます。

あけまして数日立ちましたね。おめでとうございました。
 元から動いてるのか動いてないのか分からないようなブログですのでこれからもこんな感じでよろしくお願いいたします。
 挨拶だけと言うのもわびしいのでつい昨日描いた落書きでも。


 できればゴーストとしてリリースしたいですが、ムリかなー。
 まあゴーストに出来なかったらまたフリーシェルにでも。

拍手[1回]




        
  • 1
  • 2