忍者ブログ

スクラップビルド

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


白紅 ゲーム概要

●ゲームの進め方
 このゲームはシーン制です。プレイヤー(以下PL)一人が進行するごとにゲーム内での一定時間を消費し、行動します。
 プレイヤーキャラクター(以下PC)の目的は、そのPCが持つ背景によって様々ですが、基本的にはみな「生き延びること」を共通、最大の目的としています。
 PLはPCの持つスキルを駆使し、圧倒的な物量で襲い掛かるゾンビから逃げ延びましょう。

●必要なもの
 キャラクターシート
 ステージマップ
 キャラのコマ

 基本的にはこの三つが必須です。これと(デジタルでもアナログでも)書き込みが可能なものさえあればプレイは可能です。あ、それとダイス
 シートとマップは必要と言いつつまだ草案段階で影も形も無いよごめん。
 後は、ゲーム進行とルールを司るゲームマスター(以下GM)とPL。

・準備しておくべきもの
 各種データ
 身も蓋も無いですね。具体的には、
 PLが準備するもの:キャラデータ(体力、スタミナ、スキル)
 GMが準備するもの:マップデータ(アイテム配置、ブロックごとのゾンビ密集率)、終了条件
 があれば最低限のことは可能です。
 GMの裁量やPLの希望によっては他のゲームのようにハンドアウト(キャラの特殊な目的や背景を書いたもの)やストーリーを用意すると良いでしょう。
 GMが準備するべきマップデータは、第三者が用意したものがあれば、GMは持ち回りで全員がPLとしてプレイする、というようなことも可能だと思います。

拍手[0回]


白紅 基礎世界観

●白紅とは?
 構築中のゲームシステム。
 ゲーム『デッドライジング』『バイオハザード』や映画『28日後…』のようなゾンビパンデミック物が再現できるものを目指している。多分TRPG。
 余談だがタイトル『白紅』は「びゃっこう」と読む。

 TRPGを始めたばっかりの人間が作ろうとしているものなので修正案があれば拍手等でどんどん意見してくださると嬉しいです。

●ゲームコンセプト
 学生になってゾンビに立ち向かう。
 PCは貧弱な一般人。知恵と技術がものを言う。
 蛮勇は死なり。

 学生になって立ち向かう、とあるが最初に思いついたイメージが学生主人公だったというだけなので、無理に学生をやらずともできるようにするつもりです。

●ことの始まり
 地方都市S県O市。2000年代前半に起きた災害復興のおり、一から都市計画をやり直し再建した街。
 白を基調とした統一感のある街並みは良く言って清潔感がある、悪く言えば目に痛く悪趣味と評される。
 都心の学生であるあなた(プレイヤー)は修学旅行でそこを訪れた。
 長距離の移動を終えてクラスメイトと街を観光し、明日を心待ちにしながら一日目を終える。
 ――――朝。
 疲れてしまったからか、はたまた夜中まで同室の者と騒いでいたからか、寝坊してしまったあなたは部屋に誰も居ないことに気づく。
 置いていかれたかと思ったあなたは、ホテルの中だというのを差し引いても異様な静けさの中、慌てて準備を整え、部屋を飛び出した。

拍手[0回]


        
  • 1
  • 2